• ホーム
  • オルリスタットとクッキーや献血を利用したダイエット

オルリスタットとクッキーや献血を利用したダイエット

2019年09月08日

いつの時代にも多くの人の関心を集めるものとして、ダイエットの話題が挙げられます。
特に体型の維持に気を使う女性は、こうした話題に高い関心を持っており、女性誌などでも定期的に特集が組まれるなど、人気のコンテンツとなっています。
こうしたメディアで紹介されるダイエットの方法は、非常に多くの種類のものがあり、中にはその効果に疑問を感じる物も少なくありません。

ユニークな方法として、献血をダイエットに利用するというものがあります。
献血を500ml行なうことで、650キロカロリーを消費できるという研究結果がアメリカで発表されています。
しかし、献血はそう頻繁に行うことができるものでもないため、現実的にどれほどの効果があるのかは疑問が残るものではあります。

他にも、クッキーをダイエットに利用するという方法もあります。
この時食べるクッキーは、市販されているバタークッキーなどではなく、手作りのおからクッキーなど、低カロリーの食材を使ったものを使用するのが効果的です。
特にダイエット中のカロリー制限は、ストレスの原因となりますし、あまりに厳しいカロリー制限では途中で挫折してしまう事も多くなってしまいます。
そこで、こうしたおからクッキーの様な低カロリーの間食を適度に食べることは精神衛生上にも有効と言えます。

しかし、低カロリー食とはいえ、やはり脂質や糖分は含まれているので、これらが気になる人はオルリスタットと呼ばれるダイエット薬を併用するのも有効です。
オルリスタットは食品に含まれている脂質の吸収を抑える働きを持つもので、食事によって脂肪が体についてしまうのを防ぐことができます。
もちろんオルリスタットを飲んでいれば何を食べても良いというわけではありませんが、補助的に使用するには非常に効果のあるものです。