• ホーム
  • オルリスタットの副作用と使用上の注意

オルリスタットの副作用と使用上の注意

2019年06月09日
体重を心配している女性

今若者の間で話題になっているのが、ダイエットピルです。
これは、医療機関で処方されるやせ薬であり、肥満の治療薬として使われるものでもあります。
その目的はそれぞれ異なり、脂肪分の吸収を阻害したり、食欲を抑制したりするものです。
運動や食事制限などのように過酷なダイエットではないので、わりと始めやすいダイエット方法の一つになります。

そのダイエットピルの中でも絶大な効果が期待できるといわれているのが、食べ物の脂肪分の吸収を3割程度阻害して、体外に排出できるオルリスタットという成分の含まれているものです。
先発品としてゼニカルという商品がありますが、近頃は同じ成分と効果であるのに安く入手できるジェネリック品が人気です。

ゼニカルと同じ成分でありながら、安い価格は魅力的です。
いろいろな商品が後発品として出ているのですが、成分名と同じく「オルリスタット」という商品もあります。
こちらはインドのメーカーが出しているものです。

このオルリスタットは食事と一緒に摂ることにより、食事から摂取した脂肪分の30%を体外に排出することができるのです。
これは、脂肪分解酵素であるリパーゼに働きかけ、腸での脂肪の吸収を妨げる効果があるので、便と共にその脂肪分が出ていくわけなのです。

副作用としては、それほど重大なものではなく、便が緩くなったり、ガスが出やすくなったりするほかに、脂溶性のビタミンも排出されてしまうので、ビタミン剤を飲んだり、野菜や果物からビタミンを多めにとる必要があります。
また、油分が排出されるので、稀に下着を汚すこともあり、女性ではナプキンをするなどの工夫が必要になるのです。
オルリスタットは、効果抜群のダイエットピルですが、扱いに注意して服用するようにしましょう。